髪の毛が抜ける原因は?薄毛・ハゲになるのか?抜け毛が多いのはなぜ

髪の毛が抜ける原因と理由


▼『最近、髪の毛が抜けます。どうすればいいでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、髪の毛が抜ける原因について書いてみたいと思います。

困る2


髪が抜ける原因は?

髪の毛が抜ける原因について、私の考えで書くと、


・男性ホルモンのジヒドロテストステロン増加

・女性ホルモンのエストロゲン減少

・シャンプーのすすぎ残し



はい。

完全に私の経験談ですが、私は、髪の毛が抜ける原因を、主に上記の部分と考えています。

それでは、髪の毛が抜ける理由について、さらに細かく言及してみましょう。



▼まず大前提として、本日の記事は「病的な抜け毛ではない」ということを前提に書きます。

病気による抜け毛は、また全然話が違ってきますので、あくまでも身体は健康なのに抜け毛が増える場合について書いていきたいと思います。


尚、抜け毛が急激に増えた人で、健康診断などをしていない人は、まず必ず病院で健康チェックをすることをおすすめします。



▼さて、体は悪くないのに抜け毛が増える場合。

どこも悪くないのに、なぜ髪の毛が抜けるのか?


そもそも、「髪の毛は抜けるものである

髪の毛は皮膚などの細胞と同じように、古いものは抜け落ち、新しいものが生えてきます。

これはごく普通の髪の毛の「発毛サイクル」であり、抜け毛そのものは何も悪くありません。



髪の毛というのは、体内の毒素を体外に排出する役割もあります。

例えば、食べ物などから摂取してしまった毒素や金属物質や化学物質。

これらが体内に蓄積してしまうと、長期的には非常に身体に悪影響が出ますので、人体はそれを髪の毛のほうに追いやって、髪が抜けることで体から排出するわけですね。

素晴らしい人体の機能です。



▼このような人体の構造を考えても、

若ハゲは正常な状態ではない

と言えます。


なぜなら、髪の毛というのは上述したように、人間の体を健全に保つ働きもあるからです。

ですから、若くして薄毛になってきている人は、生活の何かが間違っていると考えるのが妥当かと思われます。



▼ちょっと脱線しました。

では、若いのに髪の毛が抜けるのはなぜか?


これは私が色々な人から薄毛の相談を受けて集めたオリジナルデータですが、

シャンプーの残留

意外かもしれませんが、私がいろいろな男性に話を聞いたところ、これが抜け毛の原因で、かなりの数になります。



▼シャンプーのすすぎが雑な人が非常に多い。

例えば、食器洗い。

食器を洗うときは、食器用の洗剤で洗いますが、ヌルヌルしなくなるまできっちり洗い流しますよね?

食器用洗剤は、しっかり洗い流さないと継続的に体内に入ると害になりますからね。



▼同じように、髪の毛を洗うシャンプーも、ヌルヌルしなくなるまで徹底的に洗い流さないとダメです。

「洗い流してるよ」

という人も、温泉などで拝見していると、「全然洗い流せていない」わけです。

なんと、髪の毛に「泡」が残っていたりしますからね。


このような、シャンプーのすすぎが雑な人は、シャンプーに含まれる合成界面活性剤などの化学物質が頭皮に蓄積し、若ハゲの原因を作ってしまいます。



▼ちなみに、「ホームレスにはフサフサな人が多い」とかいう論議がよく交わされていますが、私の考えでは、

「ホームレスはシャンプーを使わないから、シャンプーの残留がないのでフサフサ」

という理由もあるのではないかと思います。


なので、「ホームレスは、頭を洗わないからフサフサ」なのではなく、「シャンプーの残留がないからフサフサ」だと思うわけです。

ここを間違えてしまうと、「シャンプーしない方がハゲない!」みたいな極端な考え方に走ってしまうので、要注意です。
(あくまで私の自説です)



▼抜け毛が増える原因については、もう一つ「男性ホルモン&女性ホルモン」があります。

若ハゲの原因は、シャンプーの残留以外では、その多くが、

AGA(男性型脱毛症)

だと思われます。


これは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼと結合して、ジヒドロテストステロンを生み出すことによって、ハゲてしまう、というものです。



▼男性ホルモンのテストステロン自体は、おそらく若ハゲの原因にはならない。

髪の毛が抜ける原因は、テストステロンではなく、ジヒドロテストステロン。


だからこそ、「毛深くてもハゲない」という人がいるわけですね。

なぜなら毛深いというのは、テストステロン。

テストステロンが多くても、ジヒドロテストステロンが少なければ、ハゲない。

だから、毛深い男性はテストステロンが多いけど、ジヒドロテストステロンが少なければ、ハゲないと、私は考えます。



▼それと同時に、「女性ホルモン エストロゲンの分泌量」

私は個人的には、男性ホルモンよりも、女性ホルモンの方が、髪の毛が抜ける原因となっているのではないかと考えています。


つまり、

女性ホルモン エストロゲンの分泌量が少ない男性は、髪の毛が抜けやすいのではないか?

と思うわけです。



▼女性ホルモンのエストロゲンは、美容ホルモンであり、女性がハゲないのは、女性ホルモンが豊富だからです。

男性でも、女性ホルモンが豊富な人は禿げにくい気がする。

女性ホルモンが少ない人は、禿げやすい気がする。


私のオリジナル育毛理論ですが、意外と的を得ているような気もします。

私が、「睡眠」や「ビールのホップ」を重視するのも、これらが女性ホルモンのエストロゲンの分泌量に影響すると考えるからです。
(あくまで私の仮説です)



▼ということで本日は、髪の毛が抜ける原因について書いてみました。

私なりにまとめると、


「髪の毛が抜ける原因は、ジヒドロテストステロン過剰と、女性ホルモン不足と、シャンプーのすすぎ残しの3つが怪しい」

と、私は考えています。



本当に、シャンプーのすすぎと、睡眠不足だけは気をつけてください。

髪の毛は、一度、薄くなってしまうと、育毛剤などで復活させにも時間がかかるので、日ごろからシャンプーのすすぎを徹底的に行うことと、男性ホルモンが増えないような生活習慣を身につけることが重要ですね。

ご参考まで。

私が使っている育毛剤・シャンプーを公開

▼薄毛を改善する秘訣は、「生活習慣の改善」と、「効果的な育毛剤の使用」です。

ハゲを改善するまでは、育毛剤の使用が必須になります。

そこで、私が使っている育毛剤は、やはり
【チャップアップ】です。


▼その他、効果の高い育毛剤・シャンプーのランキングはこちら
  ↓
⇒育毛剤・シャンプーランキング