辛いものを食べるとハゲる?唐辛子など香辛料は薄毛の原因?激辛料理

辛いものを食べるとハゲる?


▼『辛いものを食べるとハゲると聞いたんですが、本当ですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、辛いものとハゲについて、私の独断と偏見で書いてみたいと思います。

唐辛子


辛いものを食べるとハゲるのか?

私の考えで書けば、

異常な量を食べ続けない限り、辛いものでハゲるとは考えにくい」と思います。


それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼「辛いものを食べるとハゲる」という話は、かなり昔から、都市伝説のようなものとしてあります。

私が大学生だった、数十年前からあるような気がします。

さて、辛いものを食べると本当にハゲるのか?



▼そもそも、辛いものを食べるとハゲるという理由は、

辛いものを食べ過ぎると、頭皮の汗と皮脂が増加するから

だと思われます。


辛いものを食べると、汗をかく。

当然、頭にも汗をかき、それと一緒に、頭皮の皮脂も増加して、頭皮が炎症を起こしやすくなるわけですね。



▼しかしながら、ここまで頭皮の皮脂が増加するためには、かなりの量の「辛いもの」を食べなければなりません。

普通の食生活では、そこまで辛い物を大量に食べる事はない。


また、たとえ辛いものをたくさん食べたとしても、それが即ハゲに繋がるわけではありません。

仮に、辛いものを食べて、頭皮に汗をかき、頭皮の皮脂が増加したとしても、

夜にしっかりシャンプーして寝れば問題ない」と、思うわけです。



▼ちなみに私も、辛いものが好きで、若ハゲを克服した後も、「ビールのおつまみにキムチ」という、一見、髪の毛に悪そうな食生活をしていますが、抜け毛につながるということはないです。

私の考えでは、むしろ、「ビール」と「唐辛子」は、若ハゲ改善&予防に効果があるような気がする。


ビールには「ホップ」、唐辛子には「カプサイシン」

それぞれ、若ハゲを抑制すると思われる成分が含まれているからです。
(あくまで私の認識です)



カプサイシンには、毛母細胞を活性化させて、発毛を促進させる効果があります。

育毛剤にも、カプサイシンが含まれていることが多いわけですが、それだけ頭皮を活性化させる作用があるわけですね。

なので私も、毎日キムチを食べています。



▼ちなみに、具体的な料理メニューとして、「キムチ納豆」は、なかなかオススメです。

上述の通り、キムチの唐辛子にはカプサイシンが含まれており、さらにそこに、「納豆の大豆イソフラボン」を加味する。


大豆イソフラボンというのは、女性ホルモン様物質なので、女性ホルモンが増えたのと同じ効果がある。

その結果、若ハゲ改善につながっていくと、私は考えます。
(あくまで私の経験談です)



▼それから、唐辛子を始めとした辛いものには、「代謝アップ効果」があります。

発汗作用だけでなく、人によっては便秘解消など、唐辛子がデトックス効果を発揮することも多いです。


以前に別の記事でも書きましたが、

「人間は体内に毒素が溜まると、髪の毛に毒素を集めるため、若ハゲになりやすくなる」気がする。


そのような特殊な若ハゲを防ぐためにも、体内に毒素をため込む事は避けたい。

唐辛子のカプサイシンには、デトックス効果があるので、この点でも、ハゲ抑制に有効な食材だと考えます。



私の経験談では、抜け毛につながるのは、辛いものよりもむしろ、「炭水化物の食べ過ぎ」だと思いますね。

炭水化物すなわち、お米や麺類などの主食系ですね。


これらの主食系、特に、「お米の食べ過ぎ」はハゲにつながりやすい気がする。

この話は趣旨が違うので、また別の記事で書いてみたいと思います。



▼ちょっと脱線しました。

さて、辛いものを食べると禿げるのか?


私の結論としては、

辛いものを食べてもハゲない

と考えます。



▼いやむしろ、少量の唐辛子などの香辛料は、全身の血行を良くし、ひいては頭皮の血行も良くしてくれるので、ハゲるどころか、逆にハゲ予防になるのではないかと思います。


辛いものに限った話ではありませんが、

「偏れば、どんな食べ物も禿げる」

という面があります。



▼これは当ブログではいつも書いていますが、

ハゲの原因は偏り

だと思う。


生活リズムの偏り。食生活の偏り。

偏るから、自律神経が乱れて、ホルモンバランスが乱れて、そして、禿げるわけです。
(あくまで私の考え方です)



▼例えば、「白いご飯」は、人間が活動して行く上で、絶対に必要なエネルギー源ですが、食べすぎれば肥満につながり、さらにはハゲにつながる。もっと悪くなると、病気にもつながる。


辛いものもまた、適量までなら頭皮の血行を良くして、ハゲを予防してくれるが、食べすぎれば、頭皮の皮脂が増加して抜け毛につながることもあると思います。



▼ということで本日は、辛いものとハゲについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「よほど異常な量を食べない限り、辛い物でハゲるという事はないと思う」

「むしろ、辛い食べ物には、血行を促進したり、体内の毒素を排出したりする作用があるので、ハゲを防ぐことができると思う」



私はこのように考えています。



▼唐辛子は、育毛剤などにも「カプサイシン」が配合されているように、頭皮の血行を改善して、髪の毛を生やす効果があります。

辛いものが苦手ではない人は、適量の摂取をしていくと、ハゲ予防になるかと思います。

ご参考まで。

私が使っている育毛剤・シャンプーを公開

▼薄毛を改善する秘訣は、「生活習慣の改善」と、「効果的な育毛剤の使用」です。

ハゲを改善するまでは、育毛剤の使用が必須になります。

そこで、私が使っている育毛剤は、やはり
【チャップアップ】です。


▼その他、効果の高い育毛剤・シャンプーのランキングはこちら
  ↓
⇒育毛剤・シャンプーランキング