ハゲない方法はあるか?ハゲ予防は食事と運動?睡眠の重要性。はげたくない時どうすればいいか

ハゲない方法はあるか?


▼「これ以上、ハゲたくありません。ハゲない方法ってあるんですか?」

という、せっぱ詰まったご質問をいただいたので、本日は、ハゲない方法について、私の独断と偏見で書いてみたいと思います。

坊主



▼私の考えをまとめると、

「ハゲないためのポイントは4つ↓」

「①長時間睡眠」

「②正しいシャンプーの仕方」

「③自分に合った育毛剤」

「④適量のお酒」

「これが正しいかどうかはわからないが、私自身はこの4つを意識することで、ハゲを改善した」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼まず私自身は、一時期、かなり薄毛になりかけましたが、今は復活しました。

それは、

ハゲないために必要と思われる生活習慣

を取り入れ、逆に、

髪に悪いとされる生活習慣」を排除したからです。



▼当ブログでは何度か書いていますが、


「白髪は老化現象だから仕方がない」

「でも薄毛は病気なので自分の生活習慣が悪い」



まずは、これがスタートラインになります。

もちろん体質によっては、薄毛を余儀なくされ、改善できない人もいますが、多くの人の抜け毛は、自らの悪しき生活習慣が招いている部分が多いと思うわけです。
(過去の自分もそうでした)



▼さて、ハゲない方法についての話に戻りましょう。

世の中には、いろいろな説が飛び交っていますが、私が数百冊のハゲ関連文献を読んだり、自分自身の体でハゲ改善に取り組んできた経験から、私が思うハゲない方法を書いてみます。


1 平均睡眠時間を7時間以上にする(できれば8時間)

2 どんなに面倒でも、毎晩シャンプーする(そして髪を乾かしてから寝る)

3 シャンプーは徹底的に洗い流す(5分以上)

4 育毛剤&薄毛改善用のシャンプーを使う

5 食事は腹八分目までにする

6 ビールを飲む(ホップに女性ホルモン有)



・・・いかがでしょうか?

当ブログでは何度か書いていますが、上記の項目は、薄毛を改善した私が、必ず守ってきたことです。
(あくまで私の考え方です)



▼ぶっちゃければ、薄毛というのは、


「男性ホルモンが多すぎる(≒女性ホルモンが少なすぎる)」

「頭皮の皮脂が多すぎる」

「シャンプーが残留している」

「頭皮の血行が悪い」



このあたりが原因でハゲている人が非常に多いと思うわけです。

ですから、この条件を改善してやれば、必然的に薄毛も、時間の経過とともに改善されていく可能性が高いと思うわけです。
(経験談)



▼さて、睡眠時間は、男性ホルモンの分泌量に多大な影響を与えると思われる。

寝不足だとテンションが上がりますが、それは男性ホルモンのパワーという面もあるかと。
(≒交感神経優位)


元気が出るのはいいことですが、男性ホルモンは皮脂を増やしてしまうので、ハゲやすくなります。

また、男性ホルモンのテストステロンは、ジヒドロテストステロンを発生させ、若ハゲの原因となります。

ですから、

ハゲたくなければ、しっかり眠る事

これは最初の絶対条件だと、私は考えています。



▼それから重要なのが、シャンプー

シャンプーの泡が髪の毛に残ったまま、お風呂から上がってしまう人が多すぎる。

これをやってしまったら、ハゲるのは必然です。

また、市販の洗浄力の強いシャンプーも、ハゲやすい人は避けた方が良いでしょう。



▼ただ、私の感覚で言えば、

どのシャンプーを使うかより、シャンプーをしっかり洗い流せているか?の方が重要

と、考えています。

シャンプーのすすぎは、本当に重要なので、面倒でも3~5分以上は、すすいだ方がいいと思いますね。



▼ちなみに、「シャンプーを使わない、湯シャン」みたいなものも流行っていますが、私はシャンプーを使った方がいいと思います。

条件は、「しっかりすすぐこと」

すすぎさえしっかりできていれば、シャンプーは使った方がメリットが大きいと考えます。



▼湯シャンでハゲが治った人というのは、

「シャンプーのすすぎが雑だった人は、シャンプーのすすぎ残しで禿げていたので、湯シャンにすると、ハゲが治る」

というケースが非常に多いと思うわけ。



▼これはこれでいいんですが、私自身、シャンプーを使わない「湯シャン」をしばらく試していた事がありますが、あまりオススメしません。

「髪がベタベタ・ギトギトになりやすい」

からです。



▼シャンプーの重要な意味は、「頭皮を清潔に洗うこと」だと、私は考えています。

洗顔フォームを使わないで洗顔を続けていると、肌荒れしやすいように、シャンプーを使わないで頭を洗っていると、頭皮に皮脂が蓄積されやすいような気がする。


そのような頭皮環境は、やはりハゲやすくなるのではないかと思うわけです。

なので私は、「毎晩シャンプーで洗髪する。そして必ずしっかりすすぐ

というやり方にしています。



▼ということで本日は、ハゲない方法について簡単に解説してみました。

さらに具体的な、ハゲないための方法については、当ブログの別の記事で解説していますので、そちらも参考にしてみてください。


はげないための方法として、食事や運動については、私はそれほど気にしていません。

運動不足だから急にハゲるわけではないし、脂っこいものを食べたからといって、急にハゲるわけでもありません。


それを気にする前に、まずは上述した項目について改善してみてください。

薄毛は急に治るわけではありませんが、生活習慣を改善することで、少しずつ確実に自分の髪の毛が、力強く生えてくるようになります。

ご参考まで。

私が若ハゲを改善した育毛剤を公開


▼ハゲ・薄毛を改善するには、最初だけでも育毛剤の使用が必須だと思う。

私が、若ハゲを改善した育毛剤は、

やはり⇒『この育毛剤』です。





ハゲない方法は出回らない?


▼ハゲない方法についての考察を続けます。

ハゲを改善する、もしくは予防するためには、できるだけシンプルにポイントだけ押さえていくことが重要だと思います。



▼世の中の薄毛情報というのは、ほとんどがビジネスとつながっています。

なので例えば、「かつら会社」

かつらを売りたい会社が出している育毛情報。

これをどう考えるか?



▼私も、かつら会社の育毛情報をいろいろ読んでみた。

その中では、もちろん良い情報も発信されているんですが、やっぱり根本的なところでは、「商品を売りたい」というのがあると思う。

なので、もしカツラ会社が、「絶対にハゲない方法」を知っていたとしても、それは公開しないと思うわけ。



▼カツラ会社が、絶対にハゲない方法を公開してしまうと、会社が潰れるからです。

なので、本当に重要なところは隠しているのかもしれない。

あるいは単純に、ハゲない方法については研究していないのかもしれないですね。



▼なので私たちは、世の中のビジネスに利用されないように、客観的な視野で自分の育毛を考えていくことが重要だと考えます。

そのためには、本質をシンプルに認識すること。

で、最もシンプルなハゲない方法は、「睡眠時間を長くすること」だと思うわけです。



▼睡眠は、健康にも髪の毛にも、最も重要な要素の1つだと考えます。

慢性的に寝不足が続くと、体は病気になり、髪の毛も減少すると思うわけです。

だから寝不足は出来る限り避けたい。



▼寝不足の時って、顔がベタついたり、髪の毛が脂ぎったりしませんか?

私はかなり感じます。

寝不足によって皮脂が増加して髪の毛がべたつくことは、絶対に髪にとってよくないと思うわけです。



▼現代人に薄毛が増えているのも、現代人が忙しすぎて、睡眠時間が短くなっていることと無関係ではないはず。

逆に言えば、睡眠時間をしっかり確保すれば、それだけで「ハゲるリスク」を、1つ減らすことができると思うんですね。


私が使っている育毛剤・シャンプーを公開

▼薄毛を改善する秘訣は、「生活習慣の改善」と、「効果的な育毛剤の使用」です。

ハゲを改善するまでは、育毛剤の使用が必須になります。

そこで、私が使っている育毛剤は、やはり
【チャップアップ】です。


▼その他、効果の高い育毛剤・シャンプーのランキングはこちら
  ↓
⇒育毛剤・シャンプーランキング