何を食べたら髪が生える?髪が生えてくる食べ物。ワカメ・海藻は効果なし?食事と育毛

育毛に効果的な食べ物は?


▼『何を食べたら、髪の毛が生えてきますか?』

という、ご質問をいただいたので、本日は、何を食べたら髪が生えるか?について、私の独断と偏見で書いてみたいと思います。

ワカメ



髪が生える食べ物。

私が若ハゲを改善したときに、食べ物で注意していた事は、


1 バランス良く食べること

2 腹八分目でやめておくこと

3 女性ホルモンが増えるような食べ物を摂取すること



この3つでした。



▼私も、若ハゲから脱却したいと、もがいていた頃、いろいろな食べ物を試したことがあります。

でも、私を始めとして、ほとんどの人の若ハゲの原因は、AGA(男性型脱毛症)だと思うので、食べ物だけで若ハゲを改善させることは、かなり難しいのではないかと思います。



▼ただ、若ハゲの原因が、AGA(男性型脱毛症)であるならば、対策の立てようもある。

私が考えたのが、


男性ホルモンを減らして、女性ホルモンを増やすような食物を摂取する

ということでした。
(あくまで私の自説です)



▼具体的に、私が自分の女性ホルモンを増やすために、今でも食べている食品は、


「ビール」

「大豆製品」


です。
(仮説です)



ビールに含まれるホップには、『フィストロゲン』という、女性ホルモン様物質が豊富に含まれています。

という事は、ビールを飲めば、間接的に女性ホルモンを増やしていることと同じ。

女性ホルモンが増えれば、若ハゲを改善できる。


これについては、完全に私のオリジナルな考え方ですが、私は若ハゲを改善した今でも、意識的にビール2本を毎日飲んでいます。



▼それから、「大豆製品

大豆製品というのは、お豆腐や、納豆など、大豆から作られる食品ですね。


これらの大豆製品には、『大豆イソフラボン』という、女性ホルモン様物質が豊富に含まれています。

これも、先程のビールと同じで、大豆製品を食べれば、間接的に女性ホルモンを増やしたのと同じことになるはず。

女性ホルモンを増やすことで、抜け毛を抑制したり、若ハゲを改善したりできるはず。


そう考えて私は、ビールのおつまみには、冷奴や納豆などを意識的に食べています。



▼さて、一般的には、ワカメとか海藻。

この辺を食べると髪が生えるなどという、本当か嘘かわからない話が出回っています。


これは本当か?

・・・私の経験で言えば、「嘘」に近いかと。


確かに、海藻や野菜などは体にいいので、全くの嘘とは言い切れませんが、

「海藻を食べれば髪の毛がふさふさ」

というのは疑問です。


ちなみに私も、若ハゲに悩んでいた頃、海藻をたくさん食べてみましたが、髪の毛は生えてきませんでした。



▼食べ物と、若ハゲには関連性があるのか?

以下は、私の経験からくる独断と偏見です。


『何を食べるか?ではなく、食べ過ぎないことの方が重要である』

どうでしょうか?

これを見てピンときた人はハゲ改善に近いところにいると思います。



▼私の経験談ですので、これが正解かどうかはわかりません。

ただ私自身の経験から、ハゲを治すためには、


「食べること」よりも、「食べないこと」の方が、はるかに重要でした。



▼私の考えで言えば、ぶっちゃけハゲを治すには、


『7時間以上眠る。少食にする。質の高いシャンプーと育毛剤を継続して使う。シャンプーをよくすすぐ。ビールを飲む』

ただこれだけ。

シンプルイズベストです。
(あくまで私の経験談です)



▼なぜ、睡眠と少食とシャンプーと育毛剤が重要かというのは、当ブログの他の記事でも散々書いていますので、参考にしてみてください。


なんにせよ、世の中は商業主義なので、

「食べないことによってハゲが治る」

という選択肢は無いわけです。


なぜなら、その理論では経済が循環しないからです。



▼資本主義の原理では、とにかくお金が循環するように物事が誘導されていく。

だからこそ、「ハゲを治すにはこれを食べろ!」とか、お金が循環するようなロジックばかりが氾濫するわけです。


その理論を世に浸透させれば、お金が動くからですね。

その理論が正しいかどうかは、二の次となります。



▼さて、私の考えでは、「髪の毛が生えてくる食べ物」の条件は、


・栄養バランスの良い食事

・腹八分目にしておくこと

・ビールや大豆製品など、女性ホルモンが増えるような食品



このような食べ方が、結局は、若ハゲを改善すると考えています。



▼若ハゲに悩んでいる男性は、「これさえ食べれば髪の毛がフサフサ!」みたいな、魔法の食べ物を求めている人が多いです。

でも、私が思うに、

若ハゲというのは、偏った生活習慣の結果である


生活が偏って若ハゲになったのに、それを治そうとして、さらに食生活を偏らせるというのは、やっぱりおかしいと思うわけです。

生活が偏って若ハゲになったなら、生活のルールを正しくする。

遠回りでも、それが急がば回れ、となるはずです。



▼ということで本日は、何を食べれば髪の毛が生えてくるか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


「私の経験談では、ビールと大豆製品は、若ハゲの改善・予防に役立つ気がする」

「海藻類は、便秘解消にはなるが、育毛効果は疑問」

「栄養バランスを偏らせないほうが、ハゲリスクを下げることができる」



私はこのように考えています。



▼ワカメを食べまくっても、髪の毛は生えません。

また、腹八分目を超えて食事を食べ過ぎると、体の老化が進み、髪の毛が抜けてしまいます。


育毛に限らず、常に本質を探っていく事は、人生に大きな影響を与えると思います。

ご参考まで。

私が使っている育毛剤・シャンプーを公開

▼薄毛を改善する秘訣は、「生活習慣の改善」と、「効果的な育毛剤の使用」です。

ハゲを改善するまでは、育毛剤の使用が必須になります。

そこで、私が使っている育毛剤は、やはり
【チャップアップ】です。


▼その他、効果の高い育毛剤・シャンプーのランキングはこちら
  ↓
⇒育毛剤・シャンプーランキング