コーヒーはハゲる?ハゲない?カフェインと薄毛の関係。紅茶はハゲない?

コーヒーはハゲる?ハゲない?


▼『僕は、缶コーヒーが大好きなんですが、コーヒーは髪に悪いですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、コーヒーと薄毛の関係について、私の独断と偏見で書いてみたいと思います。

コーヒー


コーヒーはハゲるか?

私の考えで書けば、


1日1杯ならハゲない。それ以上飲むと、コーヒーは若ハゲを誘発する可能性があると思う

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼本日も、私の育毛経験と、オリジナルな意見で進めてみたいと思います。

前述の通り、私の結論から言えば、


コーヒーの飲み過ぎは、ハゲにつながる

ような気がします。

これはなぜか?



▼私が思うに、コーヒーの一番のデメリットは、

コーヒーのカフェインが、交感神経を刺激してしまうこと

だと考えています。


当ブログをいつも読んでくださっている人は、私が「ハゲと自律神経の関係」を重視していることはご存知かと思います。

要するに、「交感神経優位の状態になってしまうと、男性ホルモンが増えて、ハゲやすくなる」と、私は思うわけです。
(あくまで私の自説です)



▼コーヒーと言えば、ご存知の通り、

カフェイン」が、豊富に含まれている。


カフェインの効能は、覚醒作用があったり、血行が良くなったり、利尿作用で毒素が排出されたりしますが、このようなメリットも、「飲み過ぎ」ると、デメリットに反転します。



コーヒーが髪の毛に悪いと思われる要素
(あくまでも私の意見です)


・カフェインが交感神経を刺激してしまう

・コーヒーは体を冷やしてしまう

・カフェインが、睡眠の質を下げてしまう

・コーヒーに含まれるタンニンが、亜鉛の吸収を阻害してしまう

・コーヒーと一緒に、タバコを吸い過ぎてしまう



はい。

このような理由により、コーヒーを飲みすぎる事は、ハゲを誘発する可能性があると思うわけです。



▼ですから私の場合、コーヒーより、

紅茶

の方が、育毛という観点からも、健康面でも、良いと考えています。


なぜなら、コーヒーには上述したようなデメリットがありますが、

紅茶は、むしろ体を温めて、頭皮の血流を良くしてくれる

作用があると思うからです。



▼体温が上がると免疫力が上がる。体温が下がると免疫力が下がる。

これについては既に、様々な文献でも書かれているわけですが、髪の毛にとっても、

低体温

は、ハゲになるリスクを高めるような気がします。


これについても私の経験上の話ですが、体温が低くなると、薄毛になるリスクが高まるのではないか、と考えています。



▼寝不足も体温を下げる。コーヒーも体温を下げる。

いつも寝不足で、朝からコーヒーで無理矢理、目を覚ましている人は、ハゲやすくなってしまう可能性があるのではないかと思います。



▼また、コーヒーは飲みすぎると、「胃腸に負担をかける」

胃腸が荒れてくると、栄養の吸収率が下がります。

せっかくバランス良く食べても、それを吸収できなくなると、頭皮に回すための栄養も少なくなってしまい、健全な髪の毛の育成を阻害する可能性もあると思う。



▼そして、冒頭でも書いたように、

「コーヒーの飲み過ぎは、交感神経を刺激して、血流の悪化を招く可能性があると思う」


よく言われることですが、『コーヒーを飲むと、うつ病が改善する』とか。

うつ病というのは、交感神経の働きが弱い時に発生しやすいと、私は認識しています。

コーヒーを飲むことで、うつ病が改善されるというのは、やはりコーヒーが交感神経を強く刺激してしまうという事ではないか?



▼朝、テンションが上がらない時に、コーヒーを飲むと、元気になります。

これは、コーヒーのカフェインが、交感神経を刺激するからだと思う。


交感神経は、活動のための自律神経であり、メリットもたくさんあります。

お仕事をする場合は、交感神経優位の方が、頭も体もよく動く。



しかし、「若ハゲの改善および予防」という観点から考えた場合は、「交感神経を刺激しない方がいい」と、私は考えています。

その理由は、上述の通り、「交感神経が刺激されると、頭皮の血流が悪くなると思うから」です。



若ハゲというのは、突き詰めていくと、「頭皮の血流が悪化するから、若ハゲになる」と思うわけです。
(あくまで私の認識です)

男性ホルモンの、ジヒドロテストステロン(DHT)が、若ハゲの大きな原因ですが、それは、ジヒドロテストステロンが頭皮の毛細血管を収縮させて、頭皮の血行を悪くしてしまうからだと思うわけです。



▼それから、もう一つ。

缶コーヒー」についても、言及しておきます。


特に、「甘い缶コーヒー」は、砂糖の量がとてつもないです。

砂糖とは、糖質なので、糖質の過剰摂取につながる。

糖質を摂りすぎると、「頭皮の糖化」により、これまた頭皮の血流が悪くなり、若ハゲを招くと思うわけです。



▼缶コーヒーでも、「微糖」とか、砂糖が少ないものもありますが、このような微糖コーヒーの場合、「添加物がたくさん含まれていることが多い」ので、その添加物が頭皮の血流悪化を招く可能性もあります。


なので、缶コーヒーを飲む場合は、できれば「無糖」が良いかと思います。



▼ということで本日は、コーヒーとハゲの関係について書いてみました。

私なりにまとめると、


1日2杯以上のコーヒーは、若ハゲの原因になり得ると思う

私はそう考えています。



▼私自身は、「朝、0.5杯くらいのコーヒーを飲む」という感じです。

コーヒーのデメリットを強く受けてしまわないように、意識的に、半分残しています。



▼もちろんコーヒーにもメリットがあるので、「適量のコーヒーなら」大丈夫です。

でも飲み過ぎれば、コーヒーはハゲを誘発する可能性があると思う。

コーヒーの飲みすぎは、発がん率が上がってしまったりと、健康にも悪いです。


コーヒーを飲みすぎてしまう人は、少し紅茶などに分散させると、コーヒーの害を減少させることができるかと思います。

ご参考まで。

私が使っている育毛剤・シャンプーを公開

▼薄毛を改善する秘訣は、「生活習慣の改善」と、「効果的な育毛剤の使用」です。

ハゲを改善するまでは、育毛剤の使用が必須になります。

そこで、私が使っている育毛剤は、やはり
【チャップアップ】です。


▼その他、効果の高い育毛剤・シャンプーのランキングはこちら
  ↓
⇒育毛剤・シャンプーランキング