男性ホルモンを抑える方法~テストステロンを減らすには。ハゲ薄毛の原因

男性ホルモンを抑える方法


▼『育毛の一環として、男性ホルモンを減らしたいんですが、可能ですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、男性ホルモンを抑える方法について、私の独断と偏見で書いてみたいと思います。

筋肉


男性ホルモンを減らす方法は?

私の考えで書けば、


男性ホルモンを減らすには、睡眠・食事・運動・性格、これらの生活習慣のバランスを調整する必要があると思う

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼ご存知の通り、若ハゲの最大の原因が、

男性ホルモン

です。


もうちょっと細かく言えば、

テストステロン × 5αリダクターゼ = ジヒドロテストステロン(DHT) ⇒ 若ハゲ

ということになるかと思いますが、ややこしくなるので、本日は男性ホルモン(テストステロン)を減らす方法について書いてみます。



▼男性型のAGA、つまり若ハゲに悩む人は、そのほとんどが、

男性ホルモン過剰

の状態にあると考えられます。


シンプルに言えば、

男性ホルモンが多い人は、頭髪が薄くなり、頭髪以外が濃くなる

つまり、男性ホルモンが多いと、髪の毛がツルツルで、ムダ毛がモシャモシャという、あまり女性にウケが良くないルックスになってしまうと思うわけです。
(あくまで私の認識です)



▼これを回避するためには、まず、男性ホルモンのテストステロンを減らさなければならない。

男性ホルモン全開の状態で、どんなに効果的な育毛剤を使っても、効果が相殺されて、なかなか育毛効果は出ないと思うわけです。
(体験談)



▼では、男性ホルモンのテストステロンを抑制する、または減少させるにはどうすればいいのか?

私の経験と、独断と偏見で箇条書きにしてみましょう。


【男性ホルモンを減らす方法(女性ホルモンを増やす方法)】


・睡眠時間をできる限り長くする

・少食にする

・肉を減らして野菜を増やす

・怒らない

・せっかちにならない

・筋肉をつけすぎない

・ストレスを溜め込まない

・子供と接するなど、心穏やかな時間を増やす



はい。

お金をかけずに男性ホルモンを減らす方法は、大体こんな感じかと。
(あくまでも私の独断と偏見です)



▼それと、これも完全に私のオリジナル理論ですが、

男性ホルモンを減らすのと同じくらい、女性ホルモンを増やす事は、若ハゲ改善に重要であると思う

わけです。


男性ホルモンと女性ホルモンの分泌量が、トレードオフなのか、科学的に証明されているかどうかわかりません。

ただ、私の経験談で言えば、


男性ホルモンが増える生活習慣は、女性ホルモンが減るような気がする(≒ハゲやすい気がする)

女性ホルモンが減少すると、若ハゲリスクがかなり増えてしまうと、私は考えています。



▼なので、本日の記事は、

「男性ホルモンを減らすと同時に、女性ホルモンを増やすための方法論」

という感じにもなっているので、そのような視点でも、書き進めていきたいと思います。



▼まず、ホルモンバランスを整えるには、なんといっても、

睡眠

いつも私は、口が酸っぱくなるほど言っていますが、

薄毛を改善したければ、長く眠るのは絶対条件

と私は考えています。



▼寝不足は交感神経を刺激し、男性ホルモンを増やしてしまうと思うからです。

交感神経と男性ホルモンの関係については、私の仮説となりますが、

「寝不足が交感神経を刺激して、若ハゲにつながっていく」という点は、医学的にも信憑性があるかと思います。



▼なんとなくのイメージでも、「睡眠時間を削って、ブルドーザーのように働く男性」は、薄毛になりやすい印象です。

最近は、「草食系男子」という言葉がありますが、薄毛を改善するには、ある程度、草食系男子の方が有利だと思う。
(あくまで私の自説です)



▼それから、「筋肉」をつけすぎると、男性ホルモンが増えやすくなります。

要は、「男性らしさを追求すると、男性ホルモンが増えて、ハゲやすくなる

のではないかと思うわけです。



▼ハゲてもいいから男らしさを追求する!というなら、それも良いと思います。

男性ホルモンは、男性を社会的成功へと導く、原動力でもあります。


ただ、「とりあえず薄毛を改善したい!」

と願うなら、睡眠や食事などの生活習慣を、少しずつ変えていく必要があると思うわけです。


生活習慣の改善 + 効果的な育毛剤

当ブログではいつも書いていますが、この状態が、最も育毛効果が高まると、私は考えています。



▼次に、「肉食

野菜をあまり食べず、お肉をたくさん食べる男性は、やはり男性ホルモンが増える傾向にあると思う。


逆に、「菜食主義」のように、お肉をあまり食べず、野菜中心の食生活を送る男性は、男性ホルモンが減少していく傾向にあると思う。



▼格闘家や、プロレスラーは、野菜ばかり食べません。

彼らは、男性ホルモンを闘争心に変えて戦うので、お肉も大量に食べるわけです。


このようなお仕事の場合は、お肉をたくさん食べる必要があると思いますが、私たちの目標は「若ハゲを改善すること」

そう考えると、肉食を多くして、男性ホルモンを増加させる事は、あまり得策ではないと私は考えるわけです。



▼ということで本日は、テストステロンを減らす方法について、私の独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


男性ホルモンを減らすには、男らしい行動を少し減らせばいい

私はこのように思うわけです。



▼先ほども書きましたが、男性ホルモンというのは闘争ホルモンなので、競争に勝ったり、社会的な成功を掴んだりするためには、必要なホルモンだと思う。

しかし、

「若ハゲを改善したいなら、男性ホルモンは減らした方がいいと思う」

「若ハゲを改善したいなら、女性ホルモンを増やした方がいいと思う」



私は、そう考えています。

そのための具体的な方法論については、当ブログの他の記事も参考にしてみてください。

私が使っている育毛剤・シャンプーを公開

▼薄毛を改善する秘訣は、「生活習慣の改善」と、「効果的な育毛剤の使用」です。

ハゲを改善するまでは、育毛剤の使用が必須になります。

そこで、私が使っている育毛剤は、やはり
【チャップアップ】です。


▼その他、効果の高い育毛剤・シャンプーのランキングはこちら
  ↓
⇒育毛剤・シャンプーランキング