旦那がハゲてきた時の改善方法~夫の禿げ薄毛はどうすればいい?夫の抜け毛を治すには

夫・彼氏がハゲてきた時の改善方法


▼「旦那が、30歳を過ぎてハゲてきました。どうすればいいでしょうか?」

というご質問をいただいたので、本日は、旦那様の薄毛改善について書いてみたいと思います。

夫婦



▼私の考えをまとめると、

「旦那様のハゲを改善するために、奥様は下記のことに気を配ってほしいと思います↓」

「旦那様をできるだけ長く眠らせるようにする」

「旦那様のシャンプーのすすぎを徹底するように教育する」

「食事は栄養バランス良く、腹八分目までとする」

「自分に合った育毛剤を探すように誘導する」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼若い頃は黒髪にツヤがあり、おっとこ前だった自分の旦那。

でも結婚して30歳を過ぎてくると、急速に髪の毛が少なくなっていく旦那様も少なくありません。


結婚して、恋愛感情が、家族の愛情に変わったとはいえ、やっぱり旦那様には、いつまでもカッコよくあってほしい。

きっと本日のご相談者様も、そのような思いなのではないでしょうか?



▼私自身の話をすれば、私も既婚者ですが、昔ハゲかけた頃は、やっぱり嫁の反応が悪かった気がします。

嫁も自分に気を使うし、お互いに腫れ物を触るような部分ができてしまう。

それが努力の末に、ハゲを私が克服した時、嫁もうれしそうだったし、お互いを隔てる壁がなくなったような感覚でした。



▼奥様や彼女さんの立場からしても、「ハゲてても関係ないよ。あなたはあなたなんだから」と言いつつ、でもちょっと内心、少しだけ複雑な心境もあると思います。

確かに、ハゲてても愛情が冷めるわけではない。

でも、友達や親や親戚に会うときなど、どこか理性では割り切れない気持ちがあると思います。

「できれば、ハゲてほしくない」なんて。



▼このように書くと、大げさに聞こえるかもしれませんが、男というのは見栄っぱりで、何歳になっても自分にプライドを持っていたい生き物です。

だから、たかが薄毛。されど薄毛。

たった1つのハゲという悩みが、夫婦の仲を切り裂くことだってあると思うんです。

だから私は、このようなプログで、自分の持ちうる全ての薄毛改善の知識を、同じ悩みで苦しんでいる人にシェアしていこうと思ったわけです。



▼さて、ちょっと脱線しましたが、本題に戻りましょう。

それでは、旦那様の髪の毛が薄くなってきたとき、どうすればいいのか?


当ブログの記事は、すべて私の経験から、薄毛改善に効果があったことを書いています。

ですから、多分に主観的な文章になりますが、その中から使える部分だけを抜き出して活用していただければ幸甚です。



▼夫がハゲてきた。

そんな時は、下記項目に注目し改善してみてください。


・睡眠時間は7時間以上取れているか?

・シャンプーのすすぎはしっかりできているか?(最低でも3~5分以上すすぐ)

・大食いしていないか?

・外で飲んで帰ってきたときでも、髪を洗ってから寝ているか?

・髪を洗った後、ドライヤーで乾かしてから寝ているか?

・刺激が強すぎるシャンプーを使っていないか?

・育毛剤を試しているか?



はい。
これらは、私がハゲを改善したときに、主にやっていたことです。


まずはこれらの項目をチェックしてみてください。

この項目を無視して生活すれば、薄毛はどんどん進行してしまいます。

かつての私のように。



まあでも「ハゲてきた」という段階であれば、私は十分に回復可能だと考えます。

おそらく旦那様の年齢は、20代~40代と推察されます。

これは「若ハゲ」の段階であり、若ハゲというのは、「生活習慣が間違っていることが原因」であることが多いからです。



▼AGA(男性型脱毛症)というのは、主に、「ジヒドロテストステロン」という物質が原因となっています。

そして、ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン(テストステロン)が増えると、発生しやすくなる。

という事は、男性ホルモンを減らせば、若ハゲを改善する希望が見えてくるわけです。
(経験談)



▼先ほど私が書いた、薄毛を改善する方法は、

「男性ホルモンを減らす&女性ホルモンを増やす」ための方法でもあります。


あくまでも私の経験談に基づくものですが、私がアドバイスした男性も、上述したような基本的な生活習慣の改善と、育毛剤やシャンプーを工夫することで、若ハゲを改善しています。



▼当ブログではいつも書いていますが、まずなんといっても、

寝不足だけは絶対に避けたい

寝不足になると、交感神経が過剰に刺激され、女性ホルモンが減少します。

女性ホルモンは髪の毛を作るために重要なホルモンなので、絶対に寝不足は避ける。私はそのように意識しています。



▼仮に、育毛クリニックや、効果的な育毛剤で、一時的に若ハゲが治りかけたとしても、

生活習慣が変わっていなければ、またハゲに戻る」わけです。
(体験談)

なので、どんな育毛手段をとるにしても、生活習慣は健全にしておかなければならない。


また、睡眠時間の確保や、腹八分目といった基本的な生活習慣は、薄毛だけでなく、「成人病リスク」も下げるのでオススメです。



▼ということで本日は、旦那様がハゲてきたときの改善方法について書いてみました。

男はプライドが高いので、あまり奥様が薄毛について言うと、その通りにしたくない場合があります。

ですから、奥様から旦那様に、ハゲ改善の知識を伝達する場合は、


「なるべくさりげなく、当たり前のことを言うように伝える」

このような配慮があると良いかと思います。


男にとってハゲというのは、非常に繊細な問題なので、出来る限り、優しく接してあげると良いですね。

なお、育毛剤のおすすめは、この記事の下に掲載していますので、ご参考まで。

私が若ハゲを改善した育毛剤を公開


▼ハゲ・薄毛を改善するには、最初だけでも育毛剤の使用が必須だと思う。

私が、若ハゲを改善した育毛剤は、

やはり⇒『この育毛剤』です。





ハゲやすい旦那様の特徴


▼旦那がハゲてきた時の対処法についての考察を続けます。

若ハゲになりやすい旦那様の特徴としては、

「仕事が忙しく、常に寝不足気味。遅くに帰ってきて、お風呂に入らずそのまま寝ることも多い」

こんな感じ。

これでは、薄毛になっても仕方がない。生活が乱れすぎです。



▼まぁ、仕事ができる男性とか、仕事熱心な男性ほどハゲやすいという面はあると思います。

仕事ができるということは、男性ホルモンのテストステロンが多いということであり、テストステロンはジヒドロテストステロンを産み出してしまうので、ハゲやすくなるんですね。



▼そして、男性ホルモンが多い人は、バイタリティがあるので、寝ないで働いたり、疲れていても頑張ってしまったりする。

心に活力があるのは良いことですが、身体は悲鳴を上げている。

その無理した分だけ、髪の毛に負担がかかってくると思うわけです。



▼疲れた時に、体のどの部分にダメージが現れてくるかは人それぞれだと思います。

疲れると、自分の弱点の部分にダメージが現れてくる。

若ハゲになりやすい男性というのは、疲れてくると、髪の毛にダメージが出てくる人でもあるのかなと。



▼なので、若ハゲを改善するためには、髪の毛や毛根に疲労のダメージが現れないように、日ごろから体をメンテナンスする必要があると思うわけ。

その最も基本的な条件として、「睡眠とシャンプー」があると思うわけです。

どんなに忙しくても、出来る限り7時間以上の睡眠を確保したい。

どんなに忙しくても、頭を洗ってから寝たい。そしてシャンプーはしっかりすすいでおきたい。

私はそう思うわけです。


私が使っている育毛剤・シャンプーを公開

▼薄毛を改善する秘訣は、「生活習慣の改善」と、「効果的な育毛剤の使用」です。

ハゲを改善するまでは、育毛剤の使用が必須になります。

そこで、私が使っている育毛剤は、やはり
【チャップアップ】です。


▼その他、効果の高い育毛剤・シャンプーのランキングはこちら
  ↓
⇒育毛剤・シャンプーランキング