ハゲは遺伝しない?する?遺伝子優勢?母方の祖父との関連性。生まれつき薄毛

ハゲは遺伝ではない


▼「ハゲは遺伝だから諦めるしかないですか?」

という、悲壮感漂うご質問をいただいたので、本日は、ハゲと遺伝について書いてみたいと思います。

DNA



▼ハゲは遺伝しない。

一般的には、ハゲは遺伝で決まると思われていることが多いです。


私のデータでは、遺伝的な影響は、父親よりも、「母方の祖父」の遺伝的影響を強く受けやすいと思われる。

特に「体質的な特徴」が、遺伝しやすい傾向にあると思います。


「頭皮が油ギッシュ」とか「怒りやすい性格」とか「睡眠が浅い」などの、部分的な要素が遺伝して、その結果、

「ハゲも遺伝しているように見える」

のかなと。



▼しかし、私が自分の経験や、多くの人の薄毛の悩みをリサーチしてきた結果から言わせてもらうと、

ハゲは遺伝だけでは決まらない

と考えます。



▼確かに、薄毛が遺伝的な要素と全く関係がないとは言い切れない。

しかし、血統的にハゲの血統であっても、自分自身の生活習慣を変えることで、多くの人は、薄毛を改善することが可能だと思う。
(経験談)



▼「ハゲは遺伝だから、生活習慣や育毛剤やシャンプーなんか工夫しても無意味だ!どうせハゲるんだ!」

と言っている人も多いわけですが、諦めるのはいつでも出来るので、とりあえず、できることをやっていくべきだと私は考えます。


私の場合は、生活習慣の改善から始まり、自分にできる事をコツコツやっていくうちに、自然と若ハゲが改善していました。

という事は、私の元々の生活習慣が間違っていたということでしょう。



▼当ブログでも、禿げないための知識をいろいろとシェアしていますが、

「薄毛にならない生活習慣」

を取り入れることで、薄毛を改善できる確率は一気に上がります。


なぜなら、「遺伝よりも生活習慣の方が、はるかにハゲへの影響が強い」と思うからです。

これはハゲに限った話ではなく、病気などの遺伝的な要素も同じです。


「遺伝よりも生活習慣の方がはるかに影響力が強い」

まずはこのことを忘れないでください。



▼「生活習慣なんか改善してもハゲるんだ!」

と言っている人の生活習慣を見てみると、シャンプーのすすぎが、20秒~1分とか適当だったり、慢性的に寝不足していたり、いつもお腹いっぱいまで食事をしたりしています。


このような生活習慣では、ある意味ハゲて当たり前であり、生活習慣なんか意味ないと言っている人ほど、生活習慣が乱れているケースが非常に多いです。



▼シャンプーのすすぎは最低でも「3分以上」してますか?

私は、髪の毛に、もうシャンプーが残っていなくても、さらにすすぎ続けます。

それがハゲないために重要な事だと思うからです。

(※特に、市販の洗浄力が強いシャンプーの場合、ちゃんとシャンプーをすすがないと、ハゲリスクが急上昇します)


シャンプーのすすぎは面倒なので、習慣にしないとなかなかできません。

このような、「シャンプーの仕方」も、生活習慣の1つです。



▼先ほども書きましたが、ハゲが遺伝するとしたら、「ハゲやすい体質は遺伝するかもしれない」という感じですね。

例えば、皮脂が出やすい体質。

例えば、睡眠が長時間とれない体質。

例えば、ストレスを溜め込みやすい体質。


このような体質は確かに遺伝するので、血統的にハゲ「やすい」人がいるのは確かです。


しかし、上述したように、このような遺伝的要素よりも、生活習慣の影響の方がはるかに大きいため、生活習慣やシャンプーを工夫することで、薄毛を克服できる可能性はかなり高くなります。

(特に、若ハゲの場合は、改善できる可能性は高い)



▼また、体質的な遺伝だけでなく、

生活習慣の継承

という要因もあります。


それは例えば、「親父のシャンプーの仕方が雑だと、子供もそれを真似する」

ということですね。

このような生活習慣の継承が、ハゲを遺伝だと思わせている面もあると思うわけです。



▼さて、「ハゲそのものは遺伝しない」と、私は考えています。

しかし、「ハゲに関わる要素は遺伝する」わけです。


例えば、若ハゲ(AGA)の原因を考えてみると、


1 男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼが結合して、ジヒドロテストステロン(DHT)が発生する

2 ジヒドロテストステロンが増加すると、抜け毛を誘発する



という流れになります。



▼そして、遺伝的要素として考えると、

5αリダクターゼの活動量は、遺伝しやすい

と考えられます。


なので、同じような生活習慣でも、ジヒドロテストステロンが発生しやすい体質を、遺伝で受け継いでしまう事は、あり得るということです。

これは先ほども書いたように、「母方の父」

つまり、母親側のおじいちゃん。

こちらの影響を強く受けることになると思われる。



▼ですから、上述のように「ハゲやすい体質は遺伝する可能性がある」

でも、だからと言って、必ずハゲるわけではない。

なぜなら、上述の式で言えば、


男性ホルモンのテストステロン量(&女性ホルモン量)は、生活習慣である程度コントロール可能だから

です。



▼ということで本日は、ハゲと遺伝について書いてみました。

私なりにまとめると、


「ハゲは遺伝だけでは決まらない」

「5αリダクターゼの活動量は遺伝する可能性があるが、テストステロン量&女性ホルモン量は、生活習慣でコントロール可能である」

「特に、若ハゲの場合、遺伝的に不利でも、改善できる可能性は高い」



と私は考えます。

私自身、当ブログの他の記事に書いているような、生活習慣の改善をコツコツ続けることによって、若ハゲのピンチから脱出しています。



▼生活習慣や育毛剤・シャンプーを改善し、それを継続できれば、遺伝的に不利だったとしても、ハゲを改善することが可能。

私はそう考えています。

ご参考まで。

私が使っている育毛剤・シャンプーを公開

▼薄毛を改善する秘訣は、「生活習慣の改善」と、「効果的な育毛剤の使用」です。

ハゲを改善するまでは、育毛剤の使用が必須になります。

そこで、私が使っている育毛剤は、やはり
【チャップアップ】です。


▼その他、効果の高い育毛剤・シャンプーのランキングはこちら
  ↓
⇒育毛剤・シャンプーランキング